FC2ブログ

毛細管現象


こんにちは!

先週、ブログの中で豪語してしまった手前
施工事例の文章を、
もっと詳しく!わかりやすく書けんのか!

と、己にムチ打っています。

出口をなくした水分


その時、
お中元でいただいた野菜ジュースに力が入ってしまい、少し中身が飛び出したんです。

よくある事ですよね。

ストロー内部の水かさが上がる現象

あれ?これって 毛細管現象 みたい…。

細い隙間であれば、重力に逆らって下から上に、吸い上げられる現象。


何を言ってるかって?

スレート屋根や、カラーベスト屋根などは、薄い屋根材が少しづつ重なっています。
屋根材同士の重なり部分が、ストローに例えられます。

隙間に入った雨水は、重力に逆らって、吸い上げられます。これが中まで親水してしまうと
雨漏りの原因になります。

でも、大丈夫なんです。
屋根材と屋根材の隙間がキチンと開いていれば、水分は抜けていきます。

屋根を守る為、塗装をしながら、少し隙間を開けて置く作業をしています。
縁切りと言ったりします。

タスペーサーで縁切り

弊社の施工事例でも、よく登場する、この「縁切り」作業。
「タスペーサー挿入」とも言います。

タスペーサーは商品名ですが、屋根材と屋根材の隙間を確保する、大切な道具です。

分厚くバッチリ塗装すれば、雨漏りが無くなるように思いますが、
隙間から吸い上げられた水の逃げ場がないと、中が傷んでしまうのです。

毛細管現象を、防ぐため、縁切りする必要があるという説明になります。

長すぎる説明も、なんだかわかり辛いですよね…。


わかりやすく、完結に説明するというのは、
なんと難しいのでしょうか。

頑張ります。



今日もお疲れさまでした。





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

かんばん娘?

Author:かんばん娘?



(有)掛川スズキ塗装

創業47年目、静岡県掛川市・袋井市・菊川市・磐田市を拠点に、
住宅の外壁塗装・屋根塗装を塗替えしている専門店です。


地元を愛する塗りかえ屋にて
日々奮闘中のカラーコーディネーター兼事務員さんのブログです。

よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ
掛川スズキ塗装のWEBサイト
QRコード
QR