FC2ブログ

エクステリア改修工事のニューワード


こんにちは!

毎日元気に施工事例をアップ中です。
年末も押し迫り、色んな施工事例がめじろ押し!

本日のニューワードは 暗渠パイプ です。


暗渠パイプ施工完了 雨水枡へ接続をしました
↑暗渠パイプ。この黒いホースのようなものがそうです。

地域によっては、勾配などにより水はけの悪くなっている場所もあるので
地中に暗渠パイプを這わせて、パイプに開いている無数の穴で雨水を集めて運び、排水させる仕組みだそうです。

今回の現場では雨水枡に接続をした模様で
暗渠パイプの上からは、砕石等を敷いて、土が直にかからないよう、工夫を施すそうです。

エクステリア改修工事も、なかなか奥が深いですね。

砕石 施工完了
↑施工完了です! 砕石の下には、防草シートも敷いています!


もともとステキなお庭でしたが、
水はけも良くなったそうで、砕石も新しく敷きなおして、

とってもキレイになって、良かったですね~!



本日もおつかれさまでした!





スポンサーサイト

直貼り工法と通気工法って?


こんにちは!

弊社ホームページをより良い内容にチェンジすべく
資料を集めたり、文章を作ったり、奮闘中です!

外壁や、屋根のカバー工法って、ご存知でしょうか?

GLカバー施工中


簡単に言うと、外壁上から
新しい外壁材を取り付け施工して、今までの外壁をカバーする工法ですが、

詳しくは、施工事例ページを 是非見て頂くとして。笑
https://www.suzupen.com/seko_cat/gaiso


何が言いたいかというと、

今日、弊社社長が書いてくれた、カバー工法のページ文章を見ていて、

そもそも 私、外壁サイディングの構造を、あまりわかってなかった事に気づいたんです!

通気工法と直貼り工法
↑外壁サイディングの構造模型です。
 「通気工法」と「直貼り工法」の2種類を、真ん中のシーリング部分で分けています。


外壁材を家に取り付ける方法の 「通気工法」と「直貼り工法」
どう違うのかは、わかっていたんです。

見た通り、 「通気工法」は(左側)防水シートと外壁材の間に木(胴縁)をかませて、空気が通る方法。
「直貼り工法」は、防水シートに直接外壁材を張っている方法ですよね。

でも よくわかっていなかった!

「通気工法」は、弊社でも行う、外壁や、屋根のカバー工法で良く見かける工法ですし、
「そうやって、木を間に挟むんだ、そっか」と、疑問もなく見慣れてしまって

どうしてそうしているかを解っていなかったんです。

どっちか選べるのかな。 くらいに捉えていたんですよ!笑 (スミマセン!)


社長の書いてくれた

「直貼り工法の場合は外壁のシーリング目地が劣化破断し、
内部に漏水し、外壁サイディングが腐食してしまう恐れがあります。

そのほかにも、生活していての内部結露により外壁サイディングが腐食してしまう事も有ります。

さらに直貼り工法に塗装をしてしまうと、内部からの水分が外に出たがる力で
塗膜が剥離してしまうので塗装はお勧めできません。(部分抜粋)」


という直貼り工法についての文章を読んで、

頭の中で、別物だった「カバー工法」という言葉と「上の模型」の関係が
初めてつながったんですね。

さらに調べたら 胴縁をかませて、空気層を作ることで、
内部に結露が発生しても、乾燥させて外に排出できているのだそうです。


なるほど、だから胴縁をかませて「通気工法」にしているんだ!

それから、外壁サイディングの施工方法は、2000年4月から
通気工法が義務化されているのだそうで、それ以前に建てられたお住まいの場合
コストも低めの「直貼り工法」の可能性があるという事らしいです。

外から見ただけでは、全く違いがわかりません。
これも現場調査の経験と現場経験、知識がものをいうあたりのようです。



弊社の現場調査部隊は、目利きの腕利きですから、
もしも、直貼り工法で外壁が傷んでいた場合は、
しかるべきご提案を致しますので、どうぞご安心を(^-^)/!


…なんだか長々と
今さらな事をたくさん書いてごめんなさい。

でも、つながったか感 が、ハンパなくてつい。
恥ずかしながら書いてしまいました。

はあ~!(゚∀゚)


今日もおつかれさまです!




クロス張替え事例集


こんにちは!


10月もあっという間に後半あとわずか!

今年の残りもあっという間な気がしていつつも、

あれもせねば、これもせねば
あまり自分を追い込まないようにしています。

皆さん、どうお過ごしでしょうか。


今日は、お家の中の模様替え!

ズバリ、クロス張替えの事例をご紹介します!

(年末の話=お掃除=お家の模様替え=クロスと、つなげたつもりですが…苦しいか)


ステキクロス
↑天井のブルーグリーンと、壁のシマシマの色調がマッチしていてステキですねえ。

唐辛子柄クロス_キッチン
↑こちら、唐辛子ですか?カワイイです。キッチンの周りに位置しているそうです。

デニムパッチワーク柄クロス
↑先日、木部塗装がされた棚の後ろに、デニムのパッチワークが!…これもクロスなんです!
なんだか柔らかそうですねえ。まったりしそうです。

木目調クロス天井
↑何と言っても、この天井のアンティークっぽい木目調が良いですねえ!
加えて、あちこちに濃い色の梁が有る天井で、空間が引き締まって見えます。何でも、天井を少し高くしたそうです。

ますます完成が楽しみになってきました!

今回、完成ばかり写真を載せていますが、
完成したら、施工途中の写真も、ばっちり作りますので、お楽しみに!(^-^)/


今日もお疲れさまでした。




アイランドキッチンって?


こんにちは!


今日は、アイランドキッチンの施工事例を
ご紹介します!

アイランドキッチン って何でしょう。ご存知ですか?

壁にくっつかず、独立した場所からリビングに向きあっているキッチンで、
周りが広々使えるのが特徴でしょうか。

独立している分、コンセントの位置と、冷蔵庫やコンロ、シンクの
動線をキチンと想定して配置を決める必要があるそうですが

お料理好きな施主様には、思い存分腕を振るえる空間!
女性としても夢の広がる、とくに妥協できない部分だと思います。

…なんて、想像です (´∀`;)ゞ 

私はここ数年、ほぼ食べる専門なので、なんだかキッチンを語ると
おこがましい気持ちが…(。-_-。) 一旦ちょっと置いときますか。


さあ!キッチンが真ん中にどーん!

1さあはじめるよ
↑独立したシンク。真剣になにかを開始です。

2接着剤
↑ささ~と接着材を載せています。

3タイル貼付け
↑あ、タイルですねえ。並べて模様になるようです。

4完成~
↑でたコレ、かわいい!

5タイルかわいい
↑正面からも…(゚∀゚)

まだ周りが改修中ですので、シンクのみですが、
これまた、完成が楽しみですねえ!

職人さんも楽しいのでは?

この続きはまた!ご報告させて下さい!(^-^)/



今日もお疲れさまでした!



建具の塗装事例です!


こんにちは!


今回は、室内リフォーム中の
掛川市倉真のS様邸のステキリフォームです。

サッシ枠塗装中
↑ご存知、我らが先代の木部塗装!サッシ枠です。

梁塗装中
↑こちらは、梁(はり)の木部塗装。 まだクロスも貼られる前なんですね。

大改造中のS様邸。

見応えのあるリフォームの数々、いつも楽しみにしています。

柱梁塗装完了

家具塗装完了
↑柱や梁、棚たちも、木部塗装が施されました。良い感じですね~!

ああ、完成が楽しみです!


また、この続きをお楽しみに!(^-^)/


今日もお疲れさました!


プロフィール

かんばん娘?

Author:かんばん娘?



(有)掛川スズキ塗装

創業47年目、静岡県掛川市・袋井市・菊川市・磐田市を拠点に、
住宅の外壁塗装・屋根塗装を塗替えしている専門店です。


地元を愛する塗りかえ屋にて
日々奮闘中のカラーコーディネーター兼事務員さんのブログです。

よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ
掛川スズキ塗装のWEBサイト
QRコード
QR